☆よろしくっ!☆

2016年2月2日火曜日

こってりらーめん なりたけ 栄店 みそラーメン ギタギタ

やはりこの店は中毒性がありますね。年に数回くらい、突如思いたったように無性に食べたくなる。こないだカップ麺のなりたけを食べたせいでよけい本物を食べたい気分が募ってしまいました。
休日の昼どき。とはいえ、ほぼ満席というのはすごいですね。あれえ、ここってこんなに人気店だったっけ?名古屋にできたばっかりの時はいくら休日でもこんなには混んでなかったような気がするぞ。もしかして、カップ麺効果?んーそんなに影響力あるのかなあ。どう思います?
しっかし、見事に客層が男ばっかりだねー。それも、2,30代くらいの、いかにもサエナイ風貌の、おっと失礼、地味だけど真面目そうな紳士方諸氏。きっとみんな独身なんだろうなー・・・って俺もそうかwまあ、同輩諸氏をあまりとやかく言うのはやめとこう。カップルはむかつくけど彼らは別に不快になるわけじゃないしなあ。尤も、カップルも数組いたけど、いくらなんでも好きな女の子をこんな店に連れてくるかねえ?ラーメン屋デートするにしてももっと他に選択肢あるんじゃないの?ちょっとセンスを疑っちゃうぞ。


みそラーメン ギタギタ ¥730

背脂の量を「ふつう」「少なめ」「ギタギタ」から選べますが、やはりギタギタがここは正道でしょう。



いちおう豚の拳骨なんかを使っているようですがあまりダシの味が強く出ていなくて、しょっぱすぎる味噌ダレのほうが支配的で、麺もちょっとかん水入れすぎで真っ黄色に染まっているし、ブツブツ切れてあまり弾力がない。
ラーメンとしての味自体だけをみると、言っちゃあなんだが、フードコートレベルとは言いすぎだとしても、場末の、昔からの地元の常連客達で成り立っているような、どこにでもあるようなありふれた味噌ラーメン屋と大して変わらない。




しかし、これでいいんです!この店はこれでいいのですよ。
なぜなら、ここは、ラーメンの旨さを味わう店ではなく、豚のアブラ自体の旨さをこころゆくまで楽しむ店だからです。脂へのこだわりはお店のPOPにもこう書かれています。




「月(にくづき)」に「旨(うまい)」と書いて、「脂」となります。大トロや霜降り肉が好まれ、また「脂の乗った」と言えば魚の美味しさを表現する言葉であることからもわかるように、「脂」は食べ物の美味しさを決める大事な要素です。
当店のラーメンは最上質の豚の背脂を大量に使用し、こってりとした濃厚なスープに仕上げました。
(なりたけ、店内POPより抜粋)


「月」に「旨」で「脂」とは、なるほど真実を突いているではありませんか。「月」というのは決して「つきへん」じゃなくて「にくづき」、身体部位やその状態を表す部首です。身体にとって旨いもの、それがまさに脂にほかなりません。巷ではアブラの少ないすっきりとしたラーメンが流行っていますし、そういうのを上に見る奴のほうが舌が肥えてるって言われがちですが、そんなのは味よりもアタマでラーメンを考えるお高くとまったインテリ的発想に過ぎません。本当に旨いのは「脂」をふんだんに使ったこってりラーメンですよ。それはまさにこの「脂」という漢字の成立の歴史が証明してくれているのです。
この最上級の「脂」そのものを味わうためには、ラーメン自体の味がうますぎてはいけないのです。あんまりラーメンの出来が良すぎると、アブラを純粋に味わうのに邪魔になります。しょっぱすぎると思われる味噌ダレも、アブラの甘みをより一層味わうための布石だとすれば納得がいきます。ですので、ラーメン自体をあえて凡庸なものにし、アブラの旨味を純粋に味わわせるこの店の味の作り方は、なかなか計算高くバランスのとれたチューニングと言えるでしょう。
まあ、とは言え、やはり飽きがくる味であることは否めません。たくさんの脂とそれを支える濃い味噌の味は、一口目こそ身体をかけめぐる快感となりますが、それはさすがに長続きしません。ラーメン自体に味わわせる力が足りないので、最後まで美味しく、という風にはいかないのが残念なところ。それでも、ここの店は「割りスープ」を頼むことが出来るので、それをラーメンに入れて好きな濃さに調整することが出来るのが救いでしょう。このスタイルはひょっとして新潟の割りスープ付き味噌ラーメンのインスパイアなのでしょうか。最初に重~いこってりした味を楽しみ、飽きてきたら薄めて食べやすい味にして楽しむ、そういう楽しみ方がいいのかもしれません。尤も、スープで薄めるとアブラも薄まるので、せっかくギタギタで頼んでも普通の味噌ラーメンみたいになってしまうのが欠点ではあります。最初っから「味噌ダレは少なめに、アブラはギタギタで」という注文ができればいいのですが、どうもそういうのには対応してないっぽいです。まあお店の人がそう言うのですからおそらくそうやって作ると味がボケボケになってしまったりするのでしょう。なかなか上手いこと行きませんよね。そこんとこが、もっと良い解決法が見つかればいいのになあと思うところです。

今日の評価は、うーん・・・:★★★★ 4、くらいはあってもいいかなあ。

食べ終わった後はちょっとげんなりはするけれど、それでも食べる前の期待感と、それに充分に応える一口目の快感はちょっと他には得難いものですからねえ。

決して「美味しいっ!」って店じゃないし、女の子にオススメするような店じゃあないけれど、例えばスキヤキなんかをやるときに最初に牛脂の塊を塗ってから肉を焼くじゃないですか、あの、油を敷くのに使った後の、トロトロに煮込まれた牛脂を食べるのが好きな人、とかはこの店は断然おすすめです。(かく言う俺だって・・・。)

そして「ギタギタ」のさらに上の「超ギタ」というのが裏メニューにあるそうです。名古屋店で出来るのかどうかはわかりませんが、一度くらいはやってみたいとは思っています。怖いですが・・・だれかもう食べた人、いませんか?いらっしゃったら感想をお聞かせいただきたいものです。

こってりらーめん なりたけ 栄店
愛知県名古屋市中区栄3-2-30 秀和ビル 1F
営業時間
11:30~15:00
18:00~25:00
定休日:水曜日・第3火曜日

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日はどこのラーメン食いたい? ↓